麺道

2012.08.19

うつぶせで寝るとエッチな夢を見やすいらしい


夢。いい夢にしろ悪夢にしろ、そこで起こることは現実ではない。しかし、どうせなら夢の中で、いい思いをしたいというのが人情である。

その願望が叶うかもしれない。専門家が学術誌に発表したある研究が注目されている。論文によると、うつぶせで寝るとエッチな夢を見やすいというのである。

「エッチな夢を見たければうつぶせで」この研究結果を発表したのは、香港樹仁大学のCalvin Kai-Ching Yu博士率いる研究チームだ。670名の大学生(うち3分の2は女性)を対象に、眠るときの体勢と夢について調査を実施。すると、うつぶせ寝の人は他の体勢で眠る人よりエロティックな夢を見る可能性が高いことがわかったそうだ。

この「エロティックな夢」というのは、単純にセックスをさすだけでなく「迫害」や「監禁」も含む。また、「誰かに好意を持たれているシチュエーション」というのもよく見られる夢だそうだ。

うつぶせで寝ると胃や肺が圧迫され、脳に供給される酸素量が減る。Yu博士らは酸素不足になった大脳から混乱した信号を発信し、夢の内容をエロティックなものに限定させるのではないかと見ているそうだ。

博士は「我々は人が眠っているからといって、脳は外界の刺激から隔絶されているわけではないと考えています。人々が意識している以上に、就寝時の環境からくる刺激は夢の内容に影響しているのです」としている。大脳は無意識下で外部刺激を夢に組み込もうとするのだそうだ。

影響があるとは言え、うつぶせ寝だけで夢を完全にコントロールできるというわけではなさそうだ。しかし、ちょっと試してみる価値はあるかもしれない。

参照元:Mail Online(英語)


Top